2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.07.28 (Wed)

突発性発疹の恐怖レポ


ミッチーなんていらないでし リリは病気なんでし
resize1652.jpg


あぁあの悪夢から数週間
わたしの1日1ゲロリンは継続中ですけれども


リリコは復活
resize1655.jpg




何が起きたかと言えばまー長くなるんですけれども
かなり私ごとなわけで(ってブログ自体全私ごとでしゅが★)
飛ばしてくださいね~お気軽に★




というわけでタニャさんのマシンガンレポートいってみよ~




あれは土曜日の朝、リリコ人生初朝シャワーしてスコオちゃんのトレーニングに付き添って行ったわけですね。
道中まー良く寝るわこの子と思って夕方帰宅。
着替えさせようとしたら、身体があつい。
「ねーカラダ熱いんですけどお嬢。」とスコオに言うも
「外がこれだけ暑いんですから体も熱くなりますがな。」というもっともらしいご返答。
そういうもんかね~と思いながらその日は何事もなく就寝。
夜中ぐずるもんで乳でも・・・と抱き寄せたらリリコカラダモーレツにアッチーーー。
完全にキタわ突発性発疹め!と思い、でもそこまで機嫌悪くないし普通に一晩が明け・・・
翌日もポカポカのカラダながら朝ごはんも普通に食べて、しかしながらオージージジババとスカイプ中に
「ちょっとりりちゃん突然寝ちゃった!」とスコオが若干血相かいてやってきたわけで。
まー熱あるしね。。と寝かせたりしながら日曜日もポッカポカリリちゃん健在。
熱があっても遊ぶんだね~不思議だね~とか思いながら日曜日が過ぎまして
月曜日。朝方は比較的熱が下がっているものの夜中はマジ君デコで目玉焼きやけるかもよ!ってくらいアチアチになるリリコ。
体力も消耗してきてるわけで、もう元気なんてありませんことです。グッタリよグッタリ。
水分補給だけはしなさいね。その他できることは何もありませんから。と神谷さんに言われていたので
まー無理矢理お水飲ませたりジュース飲ませたり。頭にキャベツかぶせたり。
冷えピタ、日本から持ってきたのがあったので張ってみるも、すげー怒りまくって取るという・・・汗
「冷えピタはね、気持ちよければ張ってるだろうし、嫌だったら取っちゃうと思いますよ」←預言者神谷さん。
ホントだ神谷さん。取ったよ取ったよ。
まー冷えピタって熱を下げるもんではないらしいので、まーいっかと。
そして火曜日。朝なのにアチアチのリリコ。
スコオは会議だから休めないと。
いやいやオレだってつわりで気持ち悪いんですけどと。
リリコの機嫌も悪いし、唯一オパイでなだめられていたその最終兵器までもはや効かなくなってきてるというね・・・
そして事件は起こります。
夕方スコオが帰ってきて、「明日は休み取ったから」と。
「当たり前田のクラッカーだこのやろー」と思ったけど言いませんでしたけど
とりあえずグッタリのリリコ、夕飯食べさせなきゃとキッチンに立つためにスコオに抱いていてもらったんですの。
リリコ抱えて庭に出たり、至って普通に活動するスコオ。
しかしこの時リリコのお熱推定42度くらい!!!
すっごいグッタリしてるわ、、、と思ってはいたんですけど、リリごはんのほうが大事だと思っちゃってわたし
あーバカバカ
そんなごはんなんてさておき、リリコをアイスノンの上に寝かせておくんだった


リリコ限界の42度を越えたのか
スコオに抱かれながらひきつけをおこしたんですのーーーーーー



はいパニクルースコオ。
でもわたしは知っていた。
ひきつけは起きることもある。でもすぐ終わる。死なない。脳ダメージもない。
慌てない。顔を横にして寝かせる。服を緩める。ひたすら終わるのを待つ。


とわたしが冷静に対処している横で



救急車何番???!!!


と叫ぶスコオ。わたしが999じゃない?でもアドバイスだけでいいから。
救急車必要ないと思う


というもの聞こえないスコオ。
パニクりすぎのスコオ。
一応格闘家のスコオ。
すごく正確に住所と名前と症状を告げているスコオ。



ペアって面白いもんで
片っぽが大パニックになってると片っぽ結構しっかりするもんで
その間わたしは
「りりちゃん大丈夫よ~もうすぐ終わるよ~」
とかなり冷静だったわけですが



永遠と感じたひきつけ時間
手とか足とか突っ張っちゃって
両目は上向いたまま
呼吸は気持ち悪そうにケホーケホーって


でも恐らく3分くらい


スーって終わったわけで
「あー終わったね~りりちゃん~~」と親子の再会を喜ぶもつかの間!!!


出た救急隊員。



「どうしました?」ってズカズカとね。まー呼んだのはウチなわけで汗



「熱が高すぎたからひきつけたわけです。でももう大丈夫なわけです。」と
がんばったアジア人タニャさん。



「ま~なんてアッツイお嬢ちゃん♪
お母さんこれは大丈夫じゃないんですよ。服を脱がせてクールダウンさせないと」



ってオムツ一丁にされた我がりりちゃん。



「いやなんていうか突発っていう、わたしが待ち望んでた彼女第1回目の大熱なわけでね。わたし全然心配してないんざますのよ。」


とがんばったアジア人タニャさん。


スコオお前が呼んだんだどうにかしろよ、と思うも
スコオも今や病院こそリリコを助ける神様みたいに思ってるのか思ってないのか
救急隊員側な僕の旦那。


わたし1人でかなり戦ったわけですけども
あちら最終兵器を持ち出してきて


「ひきつけで救急車呼ばれた場合、病院に連行しないのは法に触れるんです」とな。


あーやだやだ法律とか出してきてあーやだやだ。


わたしかなりのうんざり顔で連行されたわけですよ。
リリコもう意識もあるし、連れまわしたくないのによーー!!!とかなりイラだっていたもんで。


救急車の中でも


「意味分からん。ここに乗ってる意味分からん。」とかなり悪態つきまくりでスコオを困らせ笑



病院着いたらどんな手厚いおもてなししてくれんだYOって思いながら走ること15分。
意識戻ってるリリコはもうもはや急患じゃないんですのよオクサマ★
待ちあいで待たされるんですの★
15分、20分、、、、いらだちマックスのアジア人が一人かなり憤っているのはお察しの通り★



名前が呼ばれたかと思えばナースでね、、
尿検査したいだとか、解熱剤投与したいだとか、イラネーことばっかり
かなり怒りマックスだったタニャさんは


「いらんのいらんのいらんのなんもいらんの!!!!この子ダイジョウブ見ればワカルッショ!!
日本と英国の違い?だかなんだか知らないけど、薬とかいらないしこんな熱あるのにここで待たされてる意味がわかんないのだよ!!」と片言英語でがんばるタニャさん。


スコオ完全に真ん中に立たされて笑


「アンタこのチッコイアジア人妻どうにかしなさいよ」みたいに見られてるんですけど
知ったこっちゃないよね~



結局「お願いだからドクターに会って行って。そんな目で見るけどわたしたち悪い人間じゃないのよ。お嬢さんを助けたいだけなんだから・・・」



と懇願(なぜかw)されるもタニャさんムシ♪
帰る!と言ってタクシーで帰って来たという



なんちゅージャーニー。



40度の熱でオムチュ一丁で2時間近く連れまわされたリリコ災難




とりあえず帰路の間もわたしは責めますわなスコオを笑



タ「アンタ~よくも救急車なんぞ呼んでくれたのーーおぉ?兄ちゃんよぉ?」



ス「・・・・いや耐えられなかったんですね。自分の娘があんな状態になっちゃったら、どうにかなっちゃうと思って・・・・」



タ「大丈夫だって言っただろーがよ・・・え?」



ス「・・・いや無理です。無理。次回あんなことになったら僕には知らせないでください涙」






と、スコオ自信がこのかた風邪もひいたことがない超★超人故に
スコオ、、子供の病気への意識が甘かった・・・笑
そして思いのほかリリコに対してはチキンだった・・・笑





とまー家に帰って一段落
リリコはまだ熱が高かったので解熱剤を少しだけあげて休ませることに。
ほんの少しだけなので効いてないはずだけど、スコオがどうしてもというので気休めにね。



次の日もなかなか熱は下がらず
結局丸4日高熱が続いて、しかしながらアイスクリームとか炊き込みご飯のおにぎりとか
食欲はないわけでもなく、ウンコシッコも順調だったので心配していなかったのですけど

さすがに高熱4日続くと色々心配にはなりました~


もしかして突発じゃない?とかね涙



しかし5日目にポツリポツリと顔からあせもみたいなのが出てきて
6日目は全身あせもちゃんになって



あ~よかったやっぱり突発だった~~って喜ぶもつかのまーーー




ここからが更なる地獄!!!!!!!




泣くわ叫ぶわブツは蹴るわの



あなたまさかヤヌスの鏡?ってくらい
あの平和なりりさんはイズコへ・・・って母さんまじ泣きそうになったくらい
荒れましたけどリリコ!!!


ホントビックリしましたよ
泣き方とか尋常じゃない
殺されるんですかなんか見えない物体に?
エクソシストですか?これなんかホラー映画で見たことあるんですけどもしかして憑依ですか?
みたいな涙


カーさん泣きそう・・・ていうか実際泣いた・・・笑
怖くて笑





そして日曜日
発症から丸1週間を得て、リリコが普通の体温でやっと笑って眼覚めてくれたときは
また泣くかと思うくらい嬉しかったです~


どこ行ってたのリリちゃん!ってくらい笑




いやー恐るべし突発性発疹
こんなホラーストーリー私の周りではなかったのですよ


そんなわけでかなり軽視していたんですけど
救急車は来ちゃうし、リリコは別人になっちゃうし





非難非難・・・
resize1651.jpg



マジ勘弁だったばい・・・
resize1542.jpg






とタニャ家一同
かなりディープな7日間戦争だったわけなのであります。






これを体験して分かったこと



スコオはリリコのこととなるとパニクルーになるのでご注意★
リリコ、普段恐ろしく平和な子★





この2点を今後も肝に銘じて日々生活精進していきたい所存です




あ~書いた書いた
これ最後まで読めた人スゴイです~~~ありがとー!





おわり




コメントやメールのお返事まだでごめんなさい~!
必ずやしますよってお待ちを~~!!!
00:39  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zeuash.blog51.fc2.com/tb.php/434-63524dbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。